Q.債務整理をすると、仕事はどうなりますか?就職・転職にも影響ありますか?

A・ほとんどの場合、影響がありません。

任意整理であれば、ほとんどの場合において影響がありません。就職や転職時に履歴書に負債歴を書く欄がないのを見て分かるとおり、自己申告しなければ分からないというのが実情です。

また、自己破産の場合でも、会社からの借入がなければ裁判所から会社に連絡が行くこともありませんし、自己破産を理由として退職させることはできませんので、仕事がなくなる心配もありません。

個人事業主の場合は、現金決済しかできませんが、事業を行うこと自体に制限はありません。

ただし、信用情報機関や、銀行など信用第一でお金を取り扱う業務内容の会社では、信用情報がわかってしまうため、それらの企業に転職をするのは難しいかもしれません。

また、破産事件が続いている間、免責決定が確定する前は就けない職業があります。

それは、税理士・不動産鑑定士のように最後に「士」とついている職業です。

また、教育委員会など「委員」とついている職業、貸金業、生命保険募集人、旅行業者、警備員などさまざまです。その他にも制限のある職業はありますが、具体例を列挙していると膨大な量になってしまいます。

ですから、もし、自分の場合はどうだろう?と心配な場合は、弁護士に相談してみるのが一番簡単な方法です。

無料で人気の借金診断サイト 2選
弁護士法人アドバンス - 借金の減額診断

弁護士法人アドバンスは、LINEのようなチャット形式で気軽に無料相談(匿名可)を始められるのが特徴。

借金の悩みをカジュアルに相談ができることもあって、近年、相談される方がかなり増えてます。

また、ヤミ金被害に対応できる貴重な弁護士法人なので、もしヤミ金に手を出してしまった場合は、あなたの家族や会社への嫌がらせ等、取り返しの付かないことになる前に、一度専門家に確認してみましょう。(無料)

※債務整理を依頼するには、弁護士との面談が必要になります。

みつ葉グループの借金減額診断

無料相談&匿名で利用できる「借金診断」が人気のサービスです。

全国対応で相談無料。債務整理費用も分割で後払いが可能なので、今現在の負担を少しでも増やしたくない人におすすめです。

先生の人柄の良さが評判なので、初めての方でも安心。手軽に診断できることもあり、利用者が急増中です!

人気の借金診断サイトを検索

事務所の種類
エリア検索
連絡方法
フリーワード検索
こだわり検索
※「借金の9割が減らせる」とは、2014年の自己破産の免責許可決定の割合が96.44%というデータをもとに表示。減額される金額には個人差があります。 参考:日本弁護士連合会「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査
よくある質問
はじめての債務整理3
タイトルとURLをコピーしました