Q.債務整理には何が必要ですか?どんな準備をしたらいいですか?

A.借入の情報をまとめておくとスムーズです。

手続の種類によって必要な書類は異なりますが、共通して必要なのは借金の資料です。特に借金の借り入れ先の名前住所をもれなくリストアップすることが肝心です。

過去に完済しているものも、途中で返さなくなったまま放置してあるものも、ヤミ金で名前と電話番号しかわからない人も全部です。

もし、1社分の過払い金返還請求だけをしたいといった場合でも、負債の全体像を把握しておかないとせっかく借金が減ってもまた増える原因になります。

これを機に一旦全てをテーブルの上にのせて、わかるようにしておくことが一番の成功のカギになります。

もし、資料が見当たらない場合は、信用情報機関(CIC・JICC)で自分の借金の現状を確認することができますので、一度自分の情報を取ってみることをオススメします。

難しいのが苦手な方は、一度、無料の借金診断サービスでチェックしてみてはいかがでしょうか。

完全無料・匿名・30秒程の入力で、ベストな解決方法がスグに調べられます。また、“借金がいくら減らせるか”もわかります。

→無料の自己診断はこちらです。(※外部サイトへ)

無料で人気の借金診断サイト 2選
弁護士法人アドバンス - 借金の減額診断

弁護士法人アドバンスは、LINEのようなチャット形式で気軽に無料相談(匿名可)を始められるのが特徴。

借金の悩みをカジュアルに相談ができることもあって、近年、相談される方がかなり増えてます。

また、ヤミ金被害に対応できる貴重な弁護士法人なので、もしヤミ金に手を出してしまった場合は、あなたの家族や会社への嫌がらせ等、取り返しの付かないことになる前に、一度専門家に確認してみましょう。(無料)

※債務整理を依頼するには、弁護士との面談が必要になります。

みつ葉グループの借金減額診断

無料相談&匿名で利用できる「借金診断」が人気のサービスです。

全国対応で相談無料。債務整理費用も分割で後払いが可能なので、今現在の負担を少しでも増やしたくない人におすすめです。

先生の人柄の良さが評判なので、初めての方でも安心。手軽に診断できることもあり、利用者が急増中です!

人気の借金診断サイトを検索

事務所の種類
エリア検索
連絡方法
フリーワード検索
こだわり検索
※「借金の9割が減らせる」とは、2014年の自己破産の免責許可決定の割合が96.44%というデータをもとに表示。減額される金額には個人差があります。 参考:日本弁護士連合会「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査
よくある質問
はじめての債務整理3
タイトルとURLをコピーしました